Notifications
See all
No new notifications
Home > Video Gallery >  E235系1000番台 津田沼始発 初の横須賀線直通、横須賀行
スマイリー

スマイリー

Templates: 0

Videos: 18

Photos: 0

  • Uploaded: 2020-12-26
  • Using:  PowerDirector 18
  • Templates Used: 5
  • Views: 642
  • Rate:  (0)

E235系1000番台 津田沼始発 初の横須賀線直通、横須賀行

Creator's Description

横須賀・総武快速線(よこすか・そうぶかいそくせん)は、神奈川県横須賀市の久里浜駅から千葉県千葉市の千葉駅までを、東京都千代田区の東京駅経由で結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の運転系統名称である。 駅ナンバリングで使われる路線記号はJO。 東京駅-大船駅間は東海道本線 、東京駅-千葉駅間は総武本線の一部で、大船駅 - 久里浜駅間が正式な横須賀線である。 一部の列車は千葉駅から総武本線成東駅、内房線君津駅、外房線上総一ノ宮駅、成田線成田空港駅、鹿島線鹿島神宮駅まで乗り入れている。 本稿は、通勤五方面作戦と総称された混雑緩和プロジェクトの一環として、1972年(昭和47年)7月15日に完成した総武本線の錦糸町駅-津田沼駅間(正式には両国駅-津田沼駅間)の複々線化前後及び1980年(昭和55年)10月1日に開始した通称SM分離(MS分離とも呼ぶ)またはSF直結(以下本稿では前者の〝SM分離〟と表記)と呼ばれる横須賀線と総武快速線の相互直通運転開始以降の歴史や列車などの説明を主体として記述するが、複々線化後の総武快速線や直通運転開始以降の両線でそれぞれ単独運行及び途中区間で線路を共有する列車などについても記述する。 なお、本稿における路線の方向及び区間表記順については、一般的に日本の鉄道では当該路線の起点駅から離れていく列車を「下り」、その逆を「上り」としている。横須賀線の正式な起点駅は大船駅であり、東京駅 - 大船駅間の正式路線名の東海道本線及び総武本線の起点駅はそれぞれ東京駅である。従って、 横須賀線の場合:東京駅(大船駅)-久里浜駅方面が「下り」、久里浜駅(大船駅)-東京駅方面が「上り」 総武快速線の場合:東京駅-千葉駅方面が「下り」、千葉駅 - 東京駅方面が「上り」となる。

Comments 

Tags in this Video Show All Tags

Directorzone.cyberlink.com uses analytical cookies and other tracking technologies to offer you the best possible user experience on our website. By using our website, you acknowledge and agree to our cookie policy. For more information on cookies or changing your cookies settings, read CyberLink’s Cookie Policy.